伊計大橋

「いけい」大橋:宮城島〜伊計島(昭和56年)
橋長:198m 幅員:9.25m 航路:W170xH10m 県道
(↓ クリック拡大 ↓)

 ・位 置:沖縄本島中部勝連半島北東
 ・親 島:宮城島(北≒200m)
 ・人 口:359人(平成17年)
 ・世帯数:153世帯(平成17年)
 ・面 積:1.8km2
 ・周 囲:7.5km


 伊計島は「イチハナリ(伊計離島)」とも呼ばれ、勝連半島北東の与勝諸島の先端に位置している。

 伊計大橋は宮城島と伊計島間に架設され、伊計島は宮城島〜平安座島〜海中道路を経由して、沖縄本島のうるま市と橋で結ばれ離島苦の解消が図られた。
 
・伊計島wiki     ・宮城島wiki     ・平安座島wiki


 うるま市の勝連半島東に連なる与勝諸島の、平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島は、海中道路と3つの橋で本島と陸続きになった。それまで各島にあった小・中学校は統合され平安座島に新設された小・中学校に統合された。

 伊計島の北端にあったアメリカ軍の保養施設を修築したリゾートホテルが存在したが、2012年2月に閉鎖された。2013年に施設は別の会社に引き渡され、隣接するサーキット場も当会社に移譲された。


 伊計島と宮城島とは10数mの短い橋でつながっていた。平安座島と宮城島の浅い水路を埋め立てて、石油備蓄基地を作ったからだ。宮城島からの県道がはっきりせず道に迷った。

 県道が途切れたり細くなったり標識も見落として、海沿いの崖っぷちで行き止まり海に落ちそうになりUターン。やっと伊計大橋の標式を見つけ渡ったが、ここからの景色が離島を感じさせられた。橋をわたってすぐにビーチがあったが入場料が要る!

 伊計島真ん中の平坦な道を突き当りまで行くと、ホテルが見えてきたが閉鎖まじかで人影がない。その先の岬や灯台や海はホテルに遮られて見えない。こんな離島訪問は全く不愉快で引き返す。