屋我地大橋

「やがじ」大橋:名護市(奥武島)〜屋我地島(平成5年3月)
橋長:300m 幅員:10m 航路:W40xH5m 県道
(↓ クリック拡大 ↓)
 
 ・位 置:沖縄本島北部本部半島東南羽地内海
 ・親 島:名護市奥武島(北400m)
 ・人 口:1577人(平成27年)
 ・世帯数:818世帯(平成27年)
 ・面 積:7.8km2
 ・周 囲:16km


 屋我地大橋の旧橋は幅員が狭く歩道もなく、老朽化も著しいことから早急な架け替えが切望されていた。
 今回の改修により歩行者の安全確保、将来交通需要への対応はもとより、屋我地島における観光資源の開発等産業、教育、医療、福祉の向上など島の振興に大きく寄与している。
 
・屋我地島wiki     ・屋我地大橋    ・羽地奥武島


 名護市の屋我地島は南端の羽地奥武島の小橋を経由して、沖縄本島と接続していて屋我地島は本島と陸続きでなはい。しかし、羽地奥武島は墓地だけの小さな無人島で、本島からの道路も短くバス停もないので半陸続きと扱われている。

 屋我地島の西の羽地水道を跨ぎ本部半島を結ぶ、「ワルミ大橋」が平成22年に完成するまで、古宇利島の人々は屋我地島〜羽地奥武島〜名護市を、大きくU字状で迂回し今帰仁村役場や村立中学校に行かざるを得なかった。